1. 東京の交通広告
  2. 車両メディア
  3. 車体広告

車体広告

車体広告
概要

■ホーム上の鉄道利用者に、強いインパクトを与えることができる媒体です。
■車体広告の掲出期間は2週間(山手線のみ)・4週間・12週間と、目的にあった期間を選ぶことができます。

車体広告
広告料金

山手線車体広告

■全て税別料金です。

編成両数販売単位掲出期間広告料金(税別)
11両1編成2週間6,000,000円
4編成20,000,000円
10編成40,000,000円
1編成4週間8,000,000円
2編成15,000,000円
4編成28,000,000円
1編成12週間16,000,000円

山手線以外の車体広告

■全て税別料金です。

掲出路線編成両数販売単位広告料金(税別)
4週間12週間
京浜東北線・根岸線10両1編成4,000,000円8,000,000円
埼京線・りんかい線10両4,000,000円8,000,000円
常磐線快速10両3,500,000円7,000,000円
横浜線8両3,000,000円6,000,000円
南武線6両2,500,000円5,000,000円
中央線快速10両4,000,000円8,000,000円
中央線・総武線各駅停車10両4,000,000円8,000,000円
京葉線10両3,500,000円7,000,000円
武蔵野線8両3,000,000円6,000,000円

「山中京」3路線セット

■全て税別料金です。

掲出路線 編成両数 販売単位 掲出期間 広告料金(税別)
山手線 11両 2編成 4週間 20,000,000円
中央線快速 10両
京浜東北線・根岸線 10両

注意事項<車体広告>

■詳細は、お問い合わせください。

●同一広告主様の同一商品(およびサービス)による同時展開に限ります。

●山手線以外の線区の掲出開始日は日曜日もしくは月曜日となります。

●掲出期間は、山手線車体広告10編成は10編成目が掲出されてから、その他商品は1編成目が掲出されてからのカウントです。

●掲出期間中でも都合により運行しない日が設定される場合があります。

●掲出作業日当日(運行開始日前日)に運行する場合があります。また、撤去日当日(掲出終了日)に運行しない場合があります。

●車両故障(車両デジタルサイネージ含む)や事故等のトラブルで、運行が長期にわたり変更・中止となる場合があります。

●掲出期間中において、車両故障やダイヤの乱れ等により運用が変更になる場合があります。

●常磐線快速は、車体広告の編成と通常の広告を掲出した編成が連結して運行される場合があります。
●広告料金には、車体広告の印刷加工費・施工費・通過自治体への申請費・屋外広告協会審査料が含まれます。

●画像点数が多くなる場合、デザインの形状などが複雑な場合は、別途追加費用が発生する場合があります。

●車体広告の素材の選定、印刷加工、施工管理は電鉄にて行います。

●東京都屋外広告物条例施工規則により、運行開始後ジェイアール東日本企画のホームページに意匠図・面積図・申請許可番号等が表示されます。

●京浜東北線・根岸線、横浜線の車体広告は、形状・色彩を含め鎌倉市の自治体審査を通過した意匠でのみ掲出が可能です。

 必要に応じて広告主様のご負担で京浜東北線・根岸線、横浜線用の意匠を制作していただくか、埼京線・りんかい線に振り替える等の対応をしますので、お問い合わせください。

●山手線、京浜東北線・根岸線、常磐線の車体広告は、形状・色彩・配置を含め港区の自治体審査を通過した意匠でのみ掲出が可能です。

 事前に必ず「港区屋外広告物景観形成ガイドライン」をご確認ください。

車体広告に似た広告媒体

お役立ちコンテンツ

CONTACT

交通広告に関するご質問・お問合せ
など
お気軽にお寄せ下さい。

電話アイコン0120-40-2055

受付時間/平日8:30~17:30